[TEL] 06-6699-6300
[住所]大阪府大阪市住吉区遠里小野
     4丁目8-34

 

>
正分子とは

 

[正分子]とは 命の物資とは

 

 

 正分子 とは

生命を維持する必須の物質は約50種類(分子26種類、元素24種類)で、それらは人体ではつくれないか、合成できても必要量が足りません。
ノーベル化学者のライナス・ポーリングが「Orthomolecule(正分子)」と命名しました。
Orthoは「正しい」という意味です。
また正分子50種類の内、13種類の分子は「命の物質」(ラテン語でビタミンという意味)と命名されています。
約30種類の正分子の必須量は食事で確保できますが、そのうち約17種類は過剰になりがちです。
一方、残り正分子20種類の必須量確保は食事からでは困難です。

 

命の物質とは

ビタミンの名前は「命」という意味のvitaと「アミン」のaminを組み合わせたものでポーランド人の研究者フンク(Casimir Funk.1884-1967)によって1911年ころに命名され、元々は「vitamine」と綴られていた。

その後、ビタミンの化学構造の研究が進み、中にはアミンではないものも含まれることが明らかになったことから、1919年にはイギリスの研究者ドラモンド(J.C.Drummond)の提唱で最後の「e」を落とした「vitamin」の綴りとなり、様々な種類を区別する為に「A」「B」「C」などの符号が用いられることになった

 

 1929年 C.Eijkaman(蘭) 脚気の研究によるビタミンB1の発見のきっかけ
F.G.Hopkins(英) 成長ビタミンの発見
 1937年 A.Szent-Gyorgy(ハンガリー) 生物学的燃焼に関する諸発見、ビタミンCの発見者
W.N.Haworth(英) ビタミンCの合成
P.Karrer(スイス) ビタミンA及びカロテイドの研究
 1938年 R.Kuhn(独) ビタミンに関する諸研究(ビタミンB群に関する研究)
 1943年 H.C.P.Dan(デンマーク)、E.A.Doisy(米) ビタミンKの発見、単離、合成
 1964年 D.M.C.Hodgkinn(英)
X線解析による生体物質の構造決定、ビタミンB12の構造決定